CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ライフネット生命保険
ライフネット生命保険
ヤフオク出品中!
現在ヤフーオークション出品中の商品はこちら!
アンティークと作家作品のセレクトショップ、Queens Treasure:クィーンズ・トレジャー
アンティークと作家作品のセレクトショップ、Queens Treasure:クィーンズ・トレジャー
西荻のギャラリー&ショップ、トレトレ:TRESTRE3
西荻のギャラリー&ショップ、トレトレ:TRESTRE3
MOBILE
qrcode
長野県・諏訪観光レポート
0
    ミタテリサイクルです。

    本日、7/22(日)は明治公園フリーマーケットに出店予定でしたが、あいにくの天気だったためキャンセルしました。

    フリマレポートの代わりに、本日は先日行った長野のレポートをお届けします。

    先週7/14(土)〜15(月)に、大学の先輩に誘われ長野の諏訪に行ってきました。
    3連休でしたので、道が混むかもしれないとの予想から早朝4時出発です。
    ところが、3時位から土砂降りになってしまい「こんな日に行って、大丈夫かな・・・」という不安を抱えつつも、予定通り出発しました。
    当初のプランは「トレッキングして山の中の温泉に入る」というものでしたが、この天候で川の近くなども不安があるため、「諏訪観光」にプラン変更しました。
    先輩はとにかく「おもてなし上手」で、いつも私は何も考えずに誘われるままに付いていくという感じですが、満足度120%のプランを提供してくれます。
    「見習わなくては」と思いつつも、ついつい「先輩プラン」に甘えてしまいます。

    出発時は土砂降りでしたが、徐々に雨足は弱まり、「すっきり!」とはいかないもでも何とか雨はやみました。
    道も天候のせいか予想より空いていたため、予定よりも早く諏訪に到着しました。
    私は諏訪観光は初めてです。
    先輩は子供の頃一時期住んでいたため、「お任せプラン」で案内していただきました。

    まず諏訪と言ったら「諏訪湖」に「諏訪大社」ではないでしょうか。
    諏訪湖をぐるっと1周してから諏訪大社へ。
    長野県,諏訪大社,下社
    長野県,諏訪大社,下社
    諏訪大社は7年毎に行われる「御柱祭」で有名ですね。
    木落し」の様子はTVでも流され、多くの観光客が訪れます。
    長野県,諏訪大社,下社
    近くを川が流れていて気持ちいです。
    マイナスイオンをたっぷり浴びた感じで気持ちいいです。
    まさに「パワースポット」という感じです。

    近くに「岡本太郎もビックリ!大絶賛!」したといわれる「万治の石仏(まんじのせきぶつ)」があります。
    こちらもおススメです。
    万治の石仏,岡本太郎絶賛,長野県,諏訪

    またお土産には創業明治6年の老舗、和菓子の「新鶴本店」の「塩羊羹」が有名なようです。
    わたしは「塩羊羹」ではなく「もちまんじゅう」をその場でいただきました。
    こしあんがみずみずしくて、甘さ控えめでとても美味しかったです。
    この他にも近くで「大社煎餅」が有名なようです。
    こちらは日持ちがするので、お土産用に購入しました。
    個人的には「ピーナツ入り」がおススメです。

    まだ午前中ですが、先輩おすすめの銭湯があるということで行ってみました。
    本当に昔から地元に方に利用されている小さな銭湯です。
    私たちが入った際にも3人ほど地元の方が入っていました。
    入ってビックリしたのは、「お湯が熱い!」
    入る際に番頭のおばさんから「熱いけど大丈夫?」と聞かれましたが、本当に熱いです。
    なんとか我慢して肩まで入りましたが、ちょっとでも体を動かすとお湯が動いて皮膚がヒリヒリします。
    熱いお湯が苦手な方や、お子さんにはちょっとおススメはできませんが、1度は入ってみる価値があります。
    一気に汗が出て、お風呂を出た後はすごくすっきりしました。
    地元の方は背中を流し合うなどして、コミュニケーションの場にもなっているようです。
    残念ながら銭湯の名前を忘れてしまいました。
    思い出したらまたお知らせします。

    お風呂に入ってすっきししてもまだお昼前です。
    ちょっと足を延ばし、「八島湿原(やしましつげん)」にドライブです。
    観光バスや、遠足らしき学生で賑わっていました。
    木道が完備され、周囲は1時間30分ほどのハイキングコースになっています。
    この日はあいにくの天気でしたが、逆に霧がかかり幻想的な風景で美しかったです。
    長野県,八島湿原
    長野県,八島湿原
    長野県,八島湿原
    長野県,八島湿原
    小雨が降ったり止んだりを繰り返す天気でしたので、木道1周はできませんでした。

    軽くお昼ごはんを済ませてから本日の宿泊先、「町田市自然休暇村」に向かいました。
    ここは東京都町田市が所有する施設で、町田市民・町田市勤務の方・町田市在学の方・相模原市民・長野県南佐久郡川上村民およびその随伴者が通常料金の半額で利用できます。
    もちろん上記以外の方も通常料金での利用が可能です。
    私たちは大人2人・子供(先輩のお子さん)1人の計3人でキャビンを利用し、先輩が町田市民なので、宿泊料金の合計が3,000円でした。
    キャビンの施設も充実していて、トイレ・バスはもちろんキッチンには水周り・ガスコンロ・冷蔵庫・炊飯器・トースター・調理器具・食器類とすべて揃っているので、食料と着替えを持ってくるだけで済みます。
    向かう途中のスーパーで、晩御飯のBBQの材料と翌朝の朝食分を用意しました。
    施設の近くにはスーパーが無いようなので、食料調達には気を付けてください。
    ちなみに私たちが利用したスーパーは「NANA'S(ナナーズ)」という地元スーパーです。
    驚いたのはレタスの安さと新鮮さ。
    サラダで食べましたが本当に美味しいです。
    この地域では、レタス・白菜・キャベツなどの葉物野菜の栽培が盛んなようで、新鮮な商品が安く提供されているようです。
    もちろん本館にレストランがありますので、自炊せずにこちらで食事をいただくことも可能です。
    大きなジャグジー付のお風呂や天体観測棟まであります。
    団体での利用も可能なので、この日も多くの方が来ていました。


    晩御飯はBBQ!やっぱり気持ちのいい環境の中でのBBQは最高ですね!
    おなか一杯、大きなお風呂にも入って気持ちよくなり、3人とも朝が早かったので9時前には寝てしまいました。

    zzzzz

    翌日もすっきりしないお天気でしたが、空気の澄んだマイナスイオンたっぷりの森の朝は本当に気持ちがよかったです。
    朝風呂にも入り身も心もリフレッシュできました。

    帰りは道路が混みそうなので、14時までには高速に乗った方が良いようです。
    でもまだ時間が十分にあるので、帰りがけに「八ヶ岳倶楽部」に寄ってみることに。
    ここは柳生博さんと息子の柳生真吾さんが経営されているお店です。
    お店と言っても、広い敷地は手入れのされた雑木林で、その中にショップやギャラリー、レストランが併設されています。
    八ヶ岳倶楽部,柳生博,柳生真吾
    八ヶ岳倶楽部,柳生博,柳生真吾
    八ヶ岳倶楽部,柳生博,柳生真吾
    八ヶ岳倶楽部,柳生博,柳生真吾
    ここもとても気持ちがいい空間で、連休中日ということもあって駐車場待ちの列ができるほど混み合っていました。
    柳生博さん・真吾さん親子もお店にいて接客されていたのでビックリしました。

    帰りの高速乗る前に「面白いお店でカレー食べよう」との先輩からの提案で向かった先がここ、シェルパ斉藤さんのお店、「Team Sherpa」です。
    シェルパ斉藤,team sherpa,チームシェルパ
    シェルパ斉藤,team sherpa,チームシェルパ
    噂には聞いていましたが、とてもユニークで面白いです。
    シェルパ斉藤さんご自身が、縄文人の竪穴式住居のなかでご飯を炊いていました。
    ランチに野菜たっぷりスパイシーなカレーをいただきました。
    とても美味しかったですよ。
    シェルパ斉藤,team sherpa,チームシェルパ
    こちらでは「旅人小屋」というゲストハウスも用意されています。
    これまでの宿泊者が綴ったノートがあり、見せていただきましたがとても楽しそうです。

    今回の長野旅行は本当に先輩のおかげで楽しかったです。
    久しぶりに心身ともにリフレッシュできました。
    一人で仕事をしていると、どうしても仕事優先になってしまい、いつ休んでいるのか自分でもわからない状態になってしまいます。
    ですので、なるべく人から誘っていただいたことはお断りせずに、参加させていただくことにしています。
    以前は思い立ったらすぐにパッと海外にでも行ける身軽さがあったのに、最近は仕事の都合とはいえなかなかそのようにはいきません。
    自分からどんどん新しい・自分の知らない世界へ進んでいかないといけませんね。
    また新しい世界に触れた際にはレポートします。

    本日はここまで。
    それではまた☆
    | トラベル | 13:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
    | 1/1PAGES |